女の人

鳥獣保護法の遵守

女性

野生動物は鳥獣保護法というもので守られている場合があります。それは鳩のように害獣になり得る動物であっても守る必要があるのです。生態系を変化させてしまうと数が減少してしまっている固有種に影響が及ぶ事があるため、そういった事を配慮して制定された規則が鳥獣保護法です。鳩の糞で家屋が汚染されているからと言って故意に殺傷を行なうと法律により罰される事もあります。もちろん例外もあるのですが、知識のない素人がそれを理解するのは簡単な事ではありません。鳩の駆除を行なう場合には自治体に問い合わせるなどして準備をしておく必要があるので、被害をしっかり予防するためにもどのような方法なら自分で試せるのかを知っておきましょう。

ベランダの隅などに木の枝や葉、または鳥の羽などが固まって落ちている場合には鳩の巣である事を疑う余地があります。住人が巣を撤去する事には何も問題がないのですが、もし卵や雛の存在が確認できた場合にはむやみに手を出す事が出来ません。雛が孵っている場合などは業者に依頼して撤去してもらうようにしましょう。巣を作られる前に対策を行なう場合は、まず最初に糞の掃除を行なう事が大切です。糞が残っていると鳩が安心して集まるようになるので更に糞被害が深刻化します。糞が片付けられている事に気付いた鳩は徐々に警戒するようになるので、糞は放置しないようにしましょう。鳩対策のなかでも清潔を保つことは基本中の基本です。

効果的な鳩対策は業者に依頼せずとも行なえます。しかし建物の大きさによっては対策が難しい事もあるので、そのような場合こそ業者の力を借りると良いでしょう。